本ワークショップは、三条通エリアマネジメント検討会議が事務局を担い、京の三条まちづくり協議会と共催、NPO法人京都景観フォーラムと協力して企画・運営を行うものです(主催は三条通デザインワークショップ実行委員会、京都市が後援)。
 自由公募による学生15名(京都大学7名、同志社女子大学4名、立命館大学2名、京都工芸繊維大学1名、早稲田大学1名)、U30社会人2名(中央復建コンサルタンツ株式会社1名、株式会社日建設計シビル1名)の参加者とともに、2030年の三条通りの空間像を考えます。

課題内容
1日目+2日目(講師:泉山氏、山口氏、中矢氏)
3日目(講師:泉氏)
●4日目(講師:岩瀬氏)
シンポジウムの案内・申し込み

主催 :三条通デザイン・ワークショップ実行委員会   共催 :京の三条まちづくり協議会 
コラボレーター:京の三条まちづくり協議会のメンバー  協力 :NPO法人京都景観フォーラム 
後援 :京都市   
事務局:三条通エリアマネジメント検討会議
   (京都大学社会基盤工学専攻 景観設計学研究室内)
    〒615-8540 京都府京都市西京区京都大学桂

ご案内

シンポジウムのご案内

2020年11月28日(土)13:30〜17:00 「三条の未来を構想する」  近年、都市の公共空間としての道路の役割が見直されているなか、三条通では電線地中化・無電柱化に向けて検討が進められています。10年後、20年後 … 続きを読む シンポジウムのご案内

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close